メニュー

箕面ビール(2021.02.08)

ビールリリース説明
1.ゆずホ和イト:今季最終回/ホワイトエール
2.ナイスなビター/ビターエール

ビールスペック

1.ゆずホ和イト:今季最終回  〜2月12日より順次お届け〜

スタイル:ホワイトエール // ABV:5.0% // IBU:14

容器:10L、330ml(ボトル)※他商品と混載で1ケース(24本)

特徴;

冬のシーズナルビールで定着しました、桃ヴァイツェンに次ぐ、人気のシーズナル「ゆずホ和イト」です。
ホワイトエールの原材料に、通常はオレンジピールを使用しますが、
箕面ビールでは地元の名産品でもある、柚子の皮を使います。

今年も箕面のお隣、能勢市にある茸屋本舗さんの無農薬の実生柚子を可能な限りクリーンに、最大限に引き出すべく、丁寧に皮を剥き発酵最終のタイミングで使用しました。(※実生柚子とは:接木ではなく種から15~16年もの時をかけて育てられ、やっと収穫できる希少なゆずで、大粒で大変豊かなその香りは、接木のものとは比べようもないほど素晴らしい言われています。)
トップのアロマと口に含んだ瞬間に広がる、ゆずの香り。
ベルジャンイーストのフルーティでふくよかなアロマとの相性もとても良く、
隠し味程度に使用しているコリアンダーが風味の奥行きを広げてくれます。
使用麦芽の50%は小麦を使用しているので、口当たりは軟らかく、
箕面ビールの特徴でもある”キレ”が良い、和の香り漂うホワイトエール。
毎年12月頭にスタッフ総出で柚子狩りをし、一つ一つ皮をむき、愛情もたっぷり。ぜひお楽しみください!※ゆずホ和イトは3回製造予定です

2.ナイスなビター  〜2月12日より順次お届け〜

スタイル:ビターエール  // ABV:3.5% // IBU:20

容器:10L、330ml(ボトル)※他商品と混載で1ケース(24本)

特徴;

これまで何度も造っている「ビター」。
皆さまご存知の通りイギリスのパブで伝統的に飲まれてきたスタイルです。
ビターはスタイルの許容範囲が広く、ブルワリーや地域によって解釈も様々。
私たちも毎回、モルトの配合やホップ、またイーストも変えつつ自分たちのベストビターを模索しています。
今回はビターをこよなく愛す、元社員(五影くん)からのリクエストがあり、ヨークシャー地方に根付いているダークマイルドエールに近いビターです。
これまでのビターは比較的明るめのカラーが多かったのですが、今回はダークなビター。但し、味わいやコンセプトはブレずに「決して苦くはなく派手さはないけれど、しみじみと味わい深い優しいエール」です。
度数は3.5%と一番ライトな仕上がり。さらにドリンカブルでホップとモルトのどちらかが突出しているのではなく、絶妙のバランスが織りなす旨味のハーモニーを楽しんでいただけるエールです。
UKのパブではゆるいエールを昼夜問わず何杯も飲みかわす常連さんたち。
どの街でも当たり前のように目にする光景(残念ながら今はコロナの影響でその風景は見られませんが)で、初めてイギリスを訪れたときはその光景に感動‼ 今も昔もずっと憧れている文化です。今回もパブで飲む光景をイメージしながら仕込んだ、少しダークな色合いとマイルドな口当たりのビター、ぜひお楽しみください。 

 

購入方法

 <メールにて発注可能>

会社名:株式会社 箕面ビール

E-Mail:info@minoh-beer.jp

 

注意事項

お取り置きに関して、ご利用のお日にちが確定している場合はお届けの日時をご指示ください。お日にちが確定していない場合のお取り置きに関しましては、2週間を期限とさせていただきたくよろしくお願いいたします。

メールにてご注文の際は、文面に店舗名を必ず入れていただきます様、お願いいたします。 

詳細のお取引条件や最新在庫数に関しては、直接ブルワリーにお問い合わせください