メニュー

忽布古丹醸造 (2021.03.15)

1.不純喫茶 / ブラウンエール
2.Tropical Mystery Sour / サワーIPA

 ビールスペック

1.不純喫茶

スタイル:ブラウンエール

ABV:5.0%

IBU:30

容器:15.5L、330ml(瓶)

特徴;

不純なブラウンエールを作ってしまいました。私たちは過去に自分たちがお気に入りのブラウンエールをすでに作りましたが、一見頭打ちと思われたこのクラシックなスタイルに 新しい可能性や選択肢を広げたいと思い、今回はリスクを取ってある挑戦をしてみました 。使用する麦芽全体のほんの一部を、燻製香のついたスモークモルトという麦芽に置き換 えて、スモーキーな特徴を受け入れています。味わい深さや複雑性を手にする可能性の一 方、使い方を間違えると味わいの全てが煙に覆われてしまう恐れがありました。しかしながら、今回は、私たちの思い通りに制御できたのではないかと思います。口に含むとドイツのラオホ(燻製)ビールのような薫香が感じられますが、良い意味でそれほど後には引かず、またラオホのように癖も強くなく、フルボディでもないため、ブラウンエールらしく軽やかに飲み進められます。ベースとなるブラウンエールはスモークモルトを含めて5 種の麦芽と、3種のホップで複雑な香味を築きました。カラメル、チョコレート、ナッツ 、スモーク、タバコなどの全体的に香ばしいフレーバーが愉しめることでしょう。飲んで 頂ければ不純と喫茶という言葉がしっくりくるはずです。ダンディで落ち着きのある佇まいのブラウンエール。いかがでしょうか。

2.Tropical Mystery Sour 

スタイル:サワーIPA

ABV:6.0%

IBU:35

容器:15.5L、330ml(瓶)

特徴;

目が覚めるような酸っぱさ。苦味はグレープフルーツの白皮の部分くらいと言えば想像がしやすいかもしれません。余韻にマンゴーやパイナップルのようなほのかな甘さ。自社で培養した乳酸菌を使用し、発酵タンクではなく、仕込釜で麦汁を乳酸発酵させています。充分な酸味が確認されたら、通常は天敵である乳酸菌の出番は終わりとなります。仕込釜で充分に加熱殺菌して乳酸菌はお役御免です。ここからは発酵タンクに麦汁を移して、通常通りビール酵母が酸っぱい麦汁のバトンを引き継いで発酵を行います。つまり、二重発酵を行なう手間のかかるビールなので、あまり高い頻度では作れていません。私たちは今回、このケトルサワーリングという手法を用いて、果実を使わずして、搾りたての柑橘ジュースのようなフレッシュな果実感を水、麦芽、ホップ、そして乳酸菌と酵母だけで表現できるのではないかとイマジネーションを働かせてみました。白皮の部分に食い込むほど強めに搾ったレモンやグレープフルーツのごとく苦い、甘い、酸っぱい果汁感が再現できています。その酸味のカウンターとして、トロピカルなホップで甘みを際立たせてみましたが、やはり酸っぱいは酸っぱいです。酸っぱいビールが好きな人にも満足いただける酸味になったと思います。サワービールという無限の可能性があるビアスタイルのユニークな一面を再確認しました。今回は過去最少の生産量で、僅かな在庫しかご用意できておりません。お見かけの際はぜひお試しください。

 

購入方法

メールにて注文可能(初めての取引の場合には、HPよりお問い合わせください)

会社名:忽布古丹醸造株式会社

E-Mail:order@hopkotan.com

HP;

hopkotan.com

注意事項

 詳細のお取引条件に関しては、直接ブルワリーにお問い合わせください